相互リンクGOCODE

電話代行は信頼と人情

電話代行は信頼と人情

電話代行を提供する業者が急激に増加したため、今の状況で生き残っていくためには、サービスの質だけではなく、利用者との信頼関係が出来なければ難しいでしょう。
後2年から3年もしたら、本当に優秀な電話代行業者だけが残っていると思います。

顧客から信頼を得られなければ、間違いなく淘汰されていくのは目に見えています。電話代行の利用を考えている方であれば、創業年数や事業を始めてからの年数を確認しておくと良いでしょう。

経験がなくても能力のある会社もあると思いますが、判断するのが難しいので、誰でも分かる判断基準として創業年数の確認はベストだと思います。
電話代行の事業を始めてから5年以上経過していれば、ある一定の信頼性はあると思いますし、質としても満足のいくものを与えてくれると思います。

事業経験年数から導き出される考え方ですので、一概に良いとは言えませんが、それだけ継続して事業運営をしてきた事を考えたら、営業が非常に上手か、利用者の満足度が高いかと言うことになります。

考えれば誰でも分かる事なので私が説明するまでもないと思いますが、最終的に判断するなら実際に電話代行の会社に足を運んで、どういう雰囲気の会社かを感じ取るのが好ましいと思います。

電話代行の激安競争

最近の電話代行は激安競争みたいになっていますが、激安を前面に出している電話代行は基本的に相手にしなくて良いと思います。
安さばかりを強調している会社というのは、サービスに自信がない表れだと言えます。

ある程度は価格競争になってしまうのも仕方ないところではありますが、電話代行の基本的な考えとしては、大切なお客さんへの電話対応を依頼するわけですから、どれだけサービスのクオリティーが高いかがポイントなのです。

そんな質の高いオペレーターを育てる為には費用が掛かりますし、回線やCTIなどの設備も必要になる為、それなりの価格を提示しないと利益が出ないのです。

会社を運営している方であれば分かると思いますが、人を雇う為にも宣伝費が必要ですし、商品を売る為にも広告費が必要になります。特に電話代行ですと、一定の従業員を確保しなくては業務が務まりませんので、常に人員を募集する為の経費が掛かります。

また、電話代行を多くの人に利用したもらうために、営業する人間も必要ですし、何かと業務を続けていく上で経費は掛かります。
つまり、激安という謳い文句を掲げているところは、教育に費やす費用を削ってサービスの質を落としている可能性があるわけです。

安いからと言って全ての電話代行業者が悪いみたいな感じになっていますが、中には外注などに依頼せず、自社で賄える体制を整えているところもありますので、格安だから全ての会社が悪いという事でもないので注意して下さい。